あなたの未来を守るライフスタイル情報誌乳酸菌PRESS2017
NO.
1

出た105km/h! 最高球速更新!!-LS1アンバサダー 稲村亜美さん

千葉ロッテマリーンズのファン感謝デー
「スーパーマリンフェスタ2016」に登板!

千葉ロッテマリーンズのファン感謝デー「スーパーマリンフェスタ2016」に登板!

去る2016年11月23日にZOZOマリンスタジアム(*2017年より名称変更)で行われたイベントに、「神スイング・神ピッチング」で話題の、乳酸菌LS1のアンバサダー稲村亜美さんが登場しました。
この日は、BS11の「中畑清の熱血!スポーツ応援団」の番組企画も兼ね、同番組のユニフォームで登板。
ゴールデンルーキー平沢大河選手との1打席対決に挑みました。
平沢選手への1球目はなんと自己最速タイの103q/hが内角低めにズバッと決まり、2球目はアウトローへ。2ストライクと追い込み2万4千人のファンがどよめきました。3球目は平沢選手曰く「本気で打ちにいった」内角直球は右翼線へのファウルに。

ここまでは圧倒した稲村亜美さんでしたが、「めちゃくちゃ緊張しました。」との後悔をにじませた会見通り、4球連続ボールでまさかの四球という幕切れ!ところが、稲村さんが投じた7球目の自己最速更新となる105q/h!に球審が「ファウル!」の神判定。続けて投じた8球目もボールでしたが、これも平沢選手の「異次元打法」で判定はファウルに。最後の9球目は平沢選手の背中を抜けた球でしたが、「優しい」平沢選手の空振りで三振に。球場は大いに盛り上がりました。

試合後の会見で稲村亜美さんは、「よかったのは最初の2球だけ。来年の開幕までしっかり練習します。」とコメント。118(いい歯)q/hを目指して先ずは「110q/hを目標にします」と来期に向けて意欲を語ってくれました。

12球団の始球式で投げるという前代未聞の「夢」にチャレンジ中の稲村亜美さん。2016年は7球団で終了となりましたが、既に来シーズンのオファーも来ているとのこと。LS1は稲村亜美さんの活躍にますます期待です。

千葉ロッテマリーンズのファン感謝デー「スーパーマリンフェスタ2016」に登板!

2017 No.1 Download >

稲村亜美さん

profile

稲村亜美さん

1996年1月13日生まれ 20歳
現役大学生、小1〜中3まで野球を経験、中学校3年間はシニアリーグに所属(ポジション:投手・一塁手)現在最高球速は105km
●TVレギュラー出演
毎週月曜:文化放送『関根勤のスポパラ』/
毎週月曜:BS11『中畑清熱血!スポーツ応援団』/毎週水曜:毎日放送『戦え!スポーツ内閣』/毎週土曜:テレビ東京『ゴルフの真髄』